ヘン旅 世界ヘンテコ旅行記
ウユニ塩湖とかレンソイスとか
最近、秘境の紹介に凝っています。

白い砂漠のラグーン ~ブラジル・レンソイス国立公園

空から見たレンソイス

レンソイスを初めて観たのは雑誌だった。
確か「別冊ニュートン、世界の秘境」(?)とかそんな感じの雑誌だ。
そこには、ギアナ高地とかチベットなどの有名な秘境とともに、このレンソイスが載っていた。
写真家の腕とかもあるのだろうけど、とても美しかった。
「ああ、これはもう行かねば」と思った。

砂丘の谷の部分に水がたまる

それでも見たかったレンソイスは、広大な白い砂丘んい無数のラグイーンがある不思議な光景だった。
水の豊富な砂漠という何だか矛盾した景色が広がる。
特に空から観るレンソイスは圧巻。

レンソイスのラグーン

レンソイス

砂丘の谷の部分に水がたまる

レンソイスは雨季になると砂丘に雨が降りラグーンが出来る。
これが見所で美しいのだけど、乾季にくると、ほとんどただの砂丘。
ラグーンは干上がり、濁った水溜りのようになってしまう。
長期旅行とはいえ、雨季に合わせるのはなかなか厄介で、
2005年2~3月に一度この近くに来ているのだけど、1度ブラジルを出て、7月にまた戻ってくるという面倒なルートを取るはめになった。

レンソイス

砂は真白でまぶしい。理由は石英だからなんだと。

レンソイス

水は透き通っている。
大きなラグーンには魚もいるが、雨季が終わると死んでしまう。
乾季は卵のまましのぎ、雨季に孵化する。

レンソイス

レンソイス

レンソイスの夕日

レンソイス

★★

コメント(0)

コメントする
カスタム検索

国別エントリー

Copyright(c) 2003-2015 All rights reserved.